WiMAX端末W04

※緊急NEWS:2月から通信制限が大幅UP!

WiMAX2+の3日で3GB制限
↓ ↓ ↓ 
WiMAX2+の3日で10GB制限

w04 VS wx03どっちがいい?

2017年2月中旬にWiMAX新機種のW04が発売されます。

「え?じゃあ、WX03はやめて、W04がいいの?!」

WX03も2016年12月に発売されたばかりの新機種!

どっちがいいのかわからない!というあなたのために、徹底比較しました!

WX03 W04
発売日 2016年12月2日 2017年2月17日
メーカー NEC※国産 HUAWEI※中国
速度 ・下り440Mbps
・上り30Mbps
・下り440Mbps
・上り30Mbps
カラー ホワイトゴールド
ディープブルー
フリーン
ホワイト
バッテリー容量 2890mAh 2750mAh
連続待受け時間 約17時間20分 約14時間10分
通信モード ・WiMAX2+
・ブルートゥース
・WiMAX2+
・au 4GLTE
・ブルートゥース
クレードル 拡張アンテナあり 普通の機能円
重さ・サイズ ・約110g
約W99×H62×D13.2mm
・約140g
・幅130×高53×厚14.2mm

発売日

たった3カ月で新商品・・・しかも04バージョンの端末なのでちょっとびっくりです。

ちなみに管理人の個人的な予測ですがWX04は2017年秋以降~かな?と思います。

メーカー

W04は格安スマホを販売している中国系メーカHUAWEI社製品です。

WX03は国産のNECのため、どちらがいいか?は好み次第です。

バッテリー・待ち受けなど

WX03の方がバッテリー容量が140mAh多く、約3時間ほど連続待受け時間が長いです。

※新商品W04がすべて優れている、というわけではないです。

クレードル

WX03・W04ともにクレードルはありますが、WX03はアンテナが付属されているため、より電波が届きやすくなっています。

W04は・・・従来通りの旧タイプの普通のクレードルです。

通信モード

ここは重要です!
一言で言うと”au LTE”を使うかどうか?で判断が分かります。

“X”がつく機種:LTEが使えません(WX03)
”X”がつかない機種:LTEも使えます(W04)

LTEはスマートフォンを利用していれば、毎日利用しているはずです。

ただ、WX03を選択してもスマートフォンのテザリング機能を使えばLTEが利用できるため、あまり神経質にならなくてもいいのでは?

といった側面もあります。

デザイン

WX03

WiMAX端末W04

W04は縦長の長方形タイプでWX03よりも30G重たい・・・
といっても差はほとんどないです。

※見た目と色の好みです。

まとめ

結論から言うと、WX03・WX04はさほど変わりがありません(汗)

【WX03が向いている人】

  • 国産がいい
  • クレードルのアンテナに興味がある(※電波が気になる)
  • 連続待受け時間が長いほうがいい
  • LTEを利用しない

【W04が向いている人】

  • デザインが気に入っている
  • 新し物好き
  • 4G LTEも利用したい

W04はGMOとくとくBBで先行予約受付をしています!



>>GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円