楽天モバイルSIMのメリット・デメリット

楽天モバイルヘッダ

ネット通販の最大手といえば、誰もが一度は耳にしたことがある”楽天市場”です。

その楽天が、MVNO業者としてNTTドコモのLTEネットワークを利用するSIMサービスを開始しました。

格安で! 速い! を売りにしているようですが、そのあたりも踏まえて、楽天モバイルの”特徴”や”メリット・デメリット”を解説します。

【今すぐ楽天モバイルの公式サイトをチェックしたい方へ】

>>楽天モバイル

 

 

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリット

①初月無料

「初月無料なんてよくある話でしょ?」

と思うかもしれませんが、このキャンペーンは楽天モバイルだけです。

※追随するMVNO業者も今後でてくるでしょうが、格安のSimで初月無料は採算があうのか心配ですね・・・

 

②データSimでもSMSが利用できる

DMMモバイルU-mobileなどは、音声通話機能とつけ、別途150円/月を支払う必要があります。

楽天モバイルも別途SMS料金(120円/月)を支払う必要がありますが、”データsimコース”でも申し込みができる珍しい業者です。

「SMSでLINEをアクティベートをしたいけれど、そのための音声通話機能を申し込むのは・・・」

という人には最適と言えます。

 

③DMMモバイルよりも安い?!

 

 3.1GB5GB10GB
DMM850円1,270円2,250円
楽天900円1,450円2,260円

 

僅差で、業界最安値のDMMモバイルの方が安いです。

といっても大差はありませんし、楽天モバイルはデータコースでもSMS機能をつけるメリットがあります。

 

④楽天ポイントが貯まる!

おそらく大半の人が利用をしたことがある”楽天市場”。

買い物をすると”楽天ポイント”が貯まります。

月々100円につき1ポイントが加算され、楽天電話に申し込むと1500ポイント(通話SIM限定)が加算されるなどかなりお得と言えるでしょう。

 
⑤サポートありで初心者でも安心

Simはどの業者も格安で提供しているため、”クレジットカード払い限定”や”サポ-トなし”が当然です。

ですが、楽天モバイルはスマホの設定や使い方、トラブル対処法のご相談に電話でお答えするスマホサポート(500円/月)があるため、スマホやSim初心者でも安心して申し込めます。

 
⑥翌月パケット繰越OK

今までできなかった、パケット量の翌月繰越が可能なりました。
 

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルのデメリット
 

①無制限コースがない

あまり利用しない人(~3GBくらい)には関係ないですが、無制限コースがあると個人的にはうれしいな、というのが正直な感想です。

 
②テザリングが”一部”不可

「NTT docomoの端末では一部の機種を除いてデザリングのAPNの設定変更が行えないため、ご利用いただけません。NTT docomoの端末以外においてはデザリングが使用できる場合がございますが、当社では動作確認を行っておりません。」

とあり、基本的には動作保証がありません。

※実際にはドコモのiphone(iOS8)やSimフリー機種は使えます(※料金は無料)

まとめ

記事を書いていて思ったのですが、正直あまり”突っ込みどころ”がありませんでした。

楽天モバイルは”値段・サービス”のバランスが取れたSimだと思います。

またサポートがしっかりしているため、ヘビーユーザー以外の初心者にも最適と言えるでしょう。

【楽天モバイルの公式サイトは・・・・】

>>楽天モバイル