Nifmoは電話かけ放題?【※メリット・デメリット】

niftyモバイルのnifmo

Nifmoは「nifty+mobile」の掛け合わせ造語で、パソコンメーカーの富士通が提供するMVNOサービスです。

数あるMVNO業者の中で最も特徴的なサービスは”電話かけ放題プラン”ではないしょうか?

電話かけ放題(NifMoでんわ)は2015年6月に予定していましたが、なぜか秋に延期されました。

そのあたりも踏まえて、Nifmoの特徴やメリット・デメリットなどをご紹介していきます!

 

 

Nifmoのメリット

nifmoのメリットを紹介する人

①シンプルな料金プラン

業界最安値のDMMモバイルは1G・2G・3G・5G・7G円・8G・10Gとデータ量を事細かく指定できるメリットがありますが、Sim初心者にとってはちょっと煩雑です。

一方、Nifmoは3G・5G・10Gとたった3つのプランとシンプルで分かりやすいです。
nifmo料金

※追記1.1GBプランが640円/月でスタートしました!

最安のDMMが1Gで630円のため、ほとんど一緒と言えるでしょう!(すごい!)

①電話かけ放題が9月から

2015年6月に電話かけ放題(NifMoでんわ)スタートする予定でした。
しかし、秋に延期されましたが、近々正式な発表があると思われます。

現在、音声通話は+700円ですが、かけ放題になると”+いくらになるのか?”が肝です。

たとえば+2000円程度以内なら、個人的にはすぐにでも変えたいですね(汗)

それといくら安くとも、通話品質が悪ければ意味がないためこのあたりも気になります。

 

②2015年7月から繰越可能

nifmo繰越

MVNOライバル業者は繰越サービスは当然です。

Nifmoも、少し遅れましたが、繰越可能になりました。

※来年の今頃にはどのMVNO業者も繰越可能になるのでは? と個人的に思っています。

 

③公衆無線LAN(BBモバイルポイント)の利用が可能

BB・・・そうです”ソフトバンクテレコム”のwi-fiポイントをなんと無料で使えちゃいます。
(※マクドナルドやレストラン、オフィスなど)

NifMo専用アプリのダウンロードをするだけなので、別途申し込みは不要です。

「ドコモ回線を借りているのになんでソフトバンク??」

と私はかなり疑問に思いましたが、BBモバイルポイント対応プロバイダーにniftyが含まれているからでしょう。

 

④特典あり?!

2015年7月31日までに・・・

・契約タイプ   :音声通話対応、SMS対応、データ通信のみのいずれか
・データ通信プラン:3GB、5GB、10GBのいずれか

キャッシュバック3100円がもらえます。

※1.1GBコースは容量がすくないためか対象外です。

「最初、3GBで申し込んですぐに1.1GBコースに切りかえれば?」

と思いましたが、”利用開始月を含む8カ月目にメールにてご連絡いたします”と9ヶ月目の受け取りになるため、ダメ? かもしれません。
(※規約には解除以外、NGとは書かれていません)

 

⑤niftyとセットで特典あり?!

現在、プロバイダーがnifty(※フレッツ光、auひかり、ADSLなど)であれば、セットで-200円/月引きになります。

なんと! あのDMMよりも安く使えてしまいます。

・DMM1GB:630円
・nifmo1.1GB:460円(※プロバイダーがnifty)

 

 

⑥サポートが丁寧

「niftyって玄人が申し込むイメージがあるから不安・・・」

ダイアルアップ時代からインターネットでniftyを使っている”ヘビーユーザー”が多いため、初心者は抵抗があるかもしれません。

しかし、サポートは初心者にも優しく評判がよく、私も何度が問い合わせをしたことがありますが、かなりレベルが高い印象があります。

MVNO業者は基本的に電話サポートはなく、コストカットのため、メールでの問い合わせが主です(※)

Nifmoのデメリット

nifmoのデメリット

①知名度がイマイチ?!

DMM、u-mobile、UQ-mobileなどは知名度がありますが、nifmoはあまり知られていません。

そのため、もしnifmoを知らない人がいたら「niftyがやっているSIMカードだよ」と言えば通じるはずです。

②無制限コースがない

U-mobile「LTE使い放題プラン」が無制限コースでかなり人気がありますが、nifmoは10GBまでしかありません。

「仕方がない・・10Gコースに申し込もうかな」

となるとDMMが2250円、nifmoが2800円のため安さでは太刀打ちできません。

※niftyのプロバイダーを利用中であれば-200円引き、2600円となります。

まとめ

  • 無制限コースはなく、10GBならDMMのほうが安い
  • 1.1GBならDMMとほぼ同じ
  • 秋にかけ放題プランがスタート予定
  • 公衆無線LAN(※BBスポット)の利用が可能

 

大容量コースで安さを求めるなら、DMMモバイルです。

【その他:Sim一覧】