インターネットってどういう意味?

インターネットの初歩

インターとは「相互の、○○のあいだ」という意味です。

たとえば

  • インターチェンジは「高速道と一般道のあいだ」
  • インターフォンは「自宅の室内と室外とのあいだ」

 

インターにプラスして「ネット」があり、

「ネットワーク・・・網の目のように作った組織、網、網状のものなど」

つまりインターネットとは・・・

「通信回線(網)を介して、世界各地のコンピューターとコンピュータがつながっている状態」

「世界中に情報網が張り巡らされている様子」

ということです。

ちなみにコンピューターはパソコン限定ではありません。

他にもスマートフォン、ゲーム機、サーバ、スーパーコンピュータなど、いろいろな種類があります。

ネットワーク(網)の重要な3つの要素

ネットワーク(網)は、ただ単純に綱があちこちでつながっているわけではありません。

ネットワークとして成立するためには、重要な要素が3つあります。

 

1.つながっているか 2.運ぶこと 3.ルール

 

1.つながっているか

電車にたとえれば簡単なことです。

A駅~B駅まで路線が途切れていたら困りますよね?

つながってこそ、電車としての機能が発揮できるわけです。

道路も、電話線もつながっているからこそ利用できるわけです。

 
2.運ぶこと

ただ単純につながっているだけでは意味がありません。

路線がつながった駅と駅を電車が通るとき、人や物を運びますよね?
道路なら「自転車や車」、電話網なら「電気信号による音声」が運ばれます。

 
3.ルール

つながって、運ぶこともできた。 けど、何かしらの決められたルールが必要ですよね?

電車は時刻表どおりに運行するし、料理するときだってきちんとした順序にしたがって作ればおいしくなります。

また、道路は標識や信号機の交通規則があるため、安心して運転ができます。

物事にはルールは順序がある、ということです。

続いてはインターネットの進化と歴史についてを解説します。