転用承諾番号の取得の仕方を徹底解説!

転用承諾番号を案内する人

前回、光コラボレーションって何?【わかりやすく解説しました!】で、基本的なことをご紹介しましたが、今回はより具体的な転用承諾番号の取得の仕方について解説します。

【PR:過去最高?!のキャンペーン】


>>速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

転用承諾番号がなぜ必要?

転用先の業者へ何も変えずにそのままで切り替えるために、転用番号で手続きをスムージに進めるためです

  • お客さまID(※CAFやCOPなど)
  • ひかり電話番号(※光発番含む)
  • 支払い方法
  • オプションサービス(※フレッツテレビなど)

は基本変わりません。

※プロバイダーは転用先によって変わります
例:OCN with フレッツ⇒OCN光の場合は、プロバイダーも変更なし

一例を出すと
ドコモ光に切り替える際に、NTT東西と光コラボレーション事業者(※NTTドコモ)で最終的には引き継ぎをしますが、
その際「転用番号」というもので管理をします。

※両社をつなぐパスワードみたいなものでしょうか?

本来は、転用先である光コラボレーション事業者が代行でやるべきですが、2018年2月現在では、ユーザー自ら手続きをする必要があります。

※将来的には代行もありうるかも?しれませんが、未定です。

転用の際、用意するもの

  • ID(※CAF or COP)
  • ひかり電話の番号
  • 住所(※設置場所)
  • 支払い方法(※クレジット or 銀行名 or コンビニ払い)

住所は「申込者と利用者とで違う場合」は、実際に利用している住所が必要です。

たとえば、父親が契約者で、遠く離れたところに住んでいる息子さんが利用者など、といったケースです。

また、フレッツ光支払いが銀行口座の場合は、銀行名が必要です。
※三井住友銀行・新生銀行などの具体名

電話かネット、どっちで申し込むのがいい?

平日でしたら、NTTへの電話がオススメです。
しかし土日はほとんど繋がらないため、インターネット経由(24時間いつでも)での手続きをおすすめします。

※電話対応は10分~15分以上かかります(※質問が多い場合)

「NTT東日本 フレッツ受付センタ0120-140-202」
「NTT西日本 フレッツ受付センタ0120-553-104」

受付時間:9時~17時 土日・休日も受付

転用手続きの注意点

取得した転用承諾番号は無期限でなく、有効期限が15日間です。

転用先によって「残りが10日以上必要」など条件があるため、承諾番号を取得したら早めに申し込みをしましょう。

期限が過ぎると、再取得となるため、面倒なので。

<有効期限を見る方法:頭の4ケタが日付です>

W0430123456
※4月30日

インターネットでの申請方法

【NTT東日本】
>>https://flets.com/tenyou/
【NTT西日本】
>>http://flets-w.com/collabo/

※東日本を例にご紹介します。西日本も内容はほとんど同じです。

以下、画像はNTT公式サイトより参照しました。

①規約を読んで同意する

東日本転用01

②必要事項を入力

東日本転用①

【確認①】

  • お客さまID
  • ひかり電話番号
  • ご契約者連絡先電話番号

のどれかです。

【支払方法の確認②】
フレッツ光の支払い確認

  1. NTT東日本の請求:プロバイダーと別払い
  2. おまとめ請求:プロバイダ料金含め、一括支払
  3. プロバイダ請求:プロバイダ経由での一括支払

支払方法が不明な場合は、NTTへ電話をしましょう。

②内容を確認して、お申し込み内容を送信する

東日本02

【NTT東日本】
>>https://flets.com/tenyou/
【NTT西日本】
>>http://flets-w.com/collabo/

「NTT東日本 フレッツ受付センタ0120-140-202」
「NTT西日本 フレッツ受付センタ0120-553-104」

どんな書類が届くの?体験談あり

※最近友人がOCN光に転用したので、書類をちょっと借りてきました。

OCN光の封筒

※会員証が入っている封筒です。

OCN光の書類01

※開通案内

OCN光の確認書

※裏面は細かい契約内容(※転用)

OCNの設定ガイド

※ガイドは・・・オマケですね(汗)

友人はマンションミニタイプ(※サンネット)を利用しており、料金がノーリスクで下がり、キャッシュバックがもらえる点に興味があり、当サイトから申し込んでくれました。

「こんなに楽チンなら、変更しない理由はないよね?」とのことです。

注意点は?

Bフレッツ(※簡単に言うと、2008年以前の古い契約)の場合は、ネクスト(2009年以降の新タイプ)に切り替えるため、工事が必要になるかもしれません。

※転用は工事費0円ですが、ネクストタイプへの切りかえで工事費がかかることも

オススメの転用先

NURO光のおさらい

【ドコモのあなたへ】



>>速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

【詳細】>>ドコモ光GMOとくとくBBの評判は?※料金・キャンペーン・速度は?

【ソフトバンク・Yモバイルのあなたへ】


>>光コラボレーション申込みなら【SoftBank光.net】

【詳細』>>ソフトバンク光キャッシュバックキャンペーン新規・転用

【auのあなたへ※auひかりは転用ではなく、切替え】

>>オプション不要! 最大4.5万円のau光のキャッシュバック内容