引越しでインターネットを新規で申込む

引越し業者

引越しをするにあたって、電気・ガス・水道の準備、そしてインターネット回線の手続きになりますが、パターンは2つあります。

 

①現在使っているネット環境をそのまま移転工事をする
②新規でインターネット回線を申し込む

 

移転工事とは、引越し先でもフレッツ光やauひかりを継続した場合に、引越し先でも利用できるようにすることです。
(※工事費用は有料)

新規はその名の通り、新しく申し込むことです。

新規で申し込むことで、キャッシュバック特典がもらえるため、引越し代の節約にもなります。

ただ、ここで問題が発生します。

引越し先でどのインターネット回線が利用できるのか? 

ということです。

フレッツ光 東日本 西日本

相当な田舎やジャングル密林地帯でない限り、フレッツ光は日本全国、どこでも申し込みはOKです。

もっとも無難な選択肢、といえるでしょう。

あらかじめ申し込みを済ませ、引越し日に合わせて工事担当者に来てもらいましょう。

>>オプション不要! のフレッツ光のキャンペーン内容はこちら

 

auひかり・コミュファ光

エリアは拡大中ですが、まだ利用範囲は狭いです。

スマートフォンがauでしたら、auひかりがもっともお得になります。

集合住宅の導入はまだ少なく、大型マンションがやや多いです。
※UR都市機構(公団)や都営住宅、ライオンズマンションなど大規模な場所でしたらほぼほぼ利用可能かと。

>>オプション不要! au光の高額キャッシュバック内容はこちら

 
中部地方(愛知県・岐阜県・三重県(名張市、伊賀市を除く)、静岡県)への引越しの方は

>>フレッツ光からコミュファ光への乗り換え【※7つのポイント】

 

NURO光(※戸建て限定)

関東(1都6県)でフレッツ光対応エリアでしたらどこでもOK
※NURO光の光ファイバー回線はNTTからレンタルしているため。

スマートフォンがソフトバンクでしたら、BB割があるためNURO光は必須です。

>>スマホBB割のNURO光はこちら(※戸建て、3F以下の集合住宅)
 

光回線インターネットはNGの場合は?

光インターネットは100%工事ができるとは限りません。

戸建ては、電話の配管が通らない、電柱の許可が必要(※au)、工事中に隣人がクレーム・・・など様々です。

かなりレアなケースですが、万が一ダメな場合は・・・ヤフーADSLをオススメします

>>光回線工事ができない方はADSLがオススメ!