フレッツテレビからauひかりやNURO光へ

NUROにするか悩む奥さん

2011年7月24日。
今から約3年前ですが、地上デジタル放送に完全移行しました。

その時期の少し前(2010年ごろ)から、
「地デジになったらどうしようかな?」と視聴方法を考えたと思います。

おそらく以下の3つのどれかにするよう選択を迫られたはずです。

  1. ケーブルテレビ
  2. フレッツテレビ
  3. アンテナ(地上・BS・CS)

 

「あれ? auひかりやNUROは仲間はずれ?」

となりますが、残念ながらテレビサービス(※地デジ・BS)がありません・・・

ここで「どうしてアンテナにしなかったのか?」いう疑問がでてきますが、

  • 東京タワー時代、向きが間逆で受信ができなかった
  • 電波が弱く、障害が多かった
  • アンテナは値段が高そうだった

 

と、いった理由かと思われます。

「じゃあ、auやNURO光はあきらめるしかないのかな・・・?」と言う方でも、テレビアンテナを工事すればすべて解決します。

この記事では、もし仮にテレビアンテナに切り替えた場合の各サービスの月額料金を具体的にシミュレーションしてみます。

※アンテナの料金(※工事代含む)は地上・BS・CSアンテナ。ブースター込みで5万円~6万円とします。

【追記:NURO光 緊急ニュース】
nuro光関西情報

3社比較

※戸建てタイプ(にねん割、ギガ推し!キャンペーン、メンバーズクラブピントあり ISPはSo-net、ひかり電話ありの場合)

※So-net 長割 for フレッツ(1,000円/月)

 

≪フレッツ光:合計6750円/月≫

  • 回線利用料金4600円
  • プロバイダ1000円
  • ひかり電話500円
  • フレッツテレビ基本料金650円

 

≪auひかり+アンテナ:合計5700円/月≫

  • 回線利用料金+プロバイダ5200円
  • ひかり電話500円

 

≪NURO光+アンテナ:合計5243円/月≫

  • 回線利用料金+プロバイダ=4743円
  • ひかり電話500円

 

  • auひかりにした場合・・・月額約1000円オトク
  • NURO光にした場合・・・月額約1500円オトク

という計算になります。

 

アンテナへ投資した金額を回収するには?

  • auひかりへの切り替え:年1.2万円×5年=6万円コストダウン
  • NURO光への切り替え:年1.8万円×5年=9万円コストダウン

 
BSアンテナ+UHFアンテナの合計(工事費用込み)は、家の形(部屋や壁)、デザインアンテナか、古いアンテナ撤去があるか、によって変わりますが、4~5年で元が取れる計算になります。

 

もっと早く回収するには?

  1. auひかり「auスマートバリュー:最大2000円」+CBキャンペーン

 
※CBはキャシュバック

 

  1. NURO光「スマート値引き:最大2000円」+CBキャンペーン

 

短期間でアンテナ代金を回収できます。

アンテナ代金を6万円とすると・・・

6万円-7万円(auキャッシュバック)=0円

6万円-3万円(NURO光キャッシュバック)=3万円

と負担がかなり減ります。

これに”2000円/月の割引”が加われば1年以内で回収可能です。

 
また、セット割は1台で計算しましたが、これが2台以上になれば・・・

答えを言うまでもないですよね^^

申し込みはどこで? 手順はどうやって?

申し込みはどこで?

【auひかり】

最大7万円キャッシュバックのauひかりの申し込みは>>auひかり

【NURO光】

①キャンペーンの詳細を知りたい方は・・・
>>
NURO光のキャンペーンと申し込み手順を徹底解説はこちら!

 

②今すぐNURO光をお申し込みの方は

公式サイト>>今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!