光コラボレーションモデル

*

光コラボレーションモデルについて

auやソフトバンクのセット割攻撃の影響で、ドコモの純利益が年々減少してきました。

それに対抗すべくNTTが”光コラボレーションモデル(※ドコモ光)”を2015年3月に発表し、それに伴って各プロバイダーはNTTの光回線をレンタルし、自社で光回線業務をスタートしました。

今回は光コラボレーションとはなにか? 転用とは? お得な会社はどこなのか? などご紹介します。

 

光コラボレーションモデルの回線目次案内

  1. 光コラボレーションの基礎
  2. 申し込み

 

光コラボレーションの基礎

 

申し込み

 

光コラボレーションちょこっとメモ:

光電話の番号・フレッツテレビ・機器・支払い方法・・・そして品質も含めてなにも変わらず、工事不要で毎月の料金を安くできる光コラボレーションモデル。

料金の最安値はやはりOCN光ですが、auのスマートフォンを利用しているのであれば、So-net光がオススメといえます。

現時点でプロバイダーを中心に300以上の会社が参入していますが、今後、大企業以外の中小企業もどんどん参加してくるため、光回線コラボの戦国時代に突入するでしょう。
競争が激しければ価格が安く、サービスの品質がグッとアップする可能性もあるため、今後に期待しましょう。

PAGE TOP ↑