ワイヤレス方式のフレッツ光WiFiアクセスとは?!

*

公開日: : 最終更新日:2015/02/15 回線方式

ワイヤレス方式の誕生

ワイヤレス方式を楽しむ人

「光回線には光配線方式・VDSL方式・LAN配線方式の3種類があります」

>>同じじゃないの? 3つの回線方式の違いとは?!

でも紹介してきましたが、プラスして1年ほど前に”第4の方式”が誕生しました。

小規模集合住宅向けの「フレッツ 光WiFiアクセス」というサービスです。

実は今までフレッツ光が未導入の集合住宅(※特に世帯数が少ないアパート)がたくさんありました。

導入しなかった理由はいろいろあるでしょうが、たいていは、「配管不良」「外観の問題(光を壁に配線する)」など物理的な問題でしょう。

それで、光回線につながった無線LANアクセスポイントから住人全員で共用するサービスが、「光wifiアクセス」が誕生したわけです。

 

【特徴】

  • 爆安の料金(1500円/月)
  • 工事不要
  • すぐに利用できる

 

◆爆安料金

なんと月々たった1500円!!(※プロバイダ別)で利用できる超激安サービスです。

マンションのミニタイプの月額は3750円ですから倍以上、料金が安くなります。

やばすぎますね・・・

 

◆工事料金不要

イーモバイルやUQ WIMAXと同様に宅内工事が不要のため、工事費用がかかりません。

初期費用は契約事務手数料の800円のみ!

 

◆すぐに利用できる

申し込んだあと、すぐに指定のメールアドレスに「インターネット用暗号化キー」などの情報が送られてくるので、そのSSIDに情報を入力するだけ!

めちゃ! かんたんやん(涙)

仕組みですが、今まで室内においてあった「無線LANルーター」がアパートの共用部分(外壁)などに設置されて、そこがアクセスポイントになるイメージです。

NTTがこのサービスを始めた理由は、やはりスマートフォンやUQ WIMAXなどの無線サービスへの対抗措置のため? だと思われます。

 

弱点

実は、導入物件が圧倒的に少なく、希少価値の高い”ひかりパンダ”並みにめずらしいサービスです(;^_^A アセアセ・・・

くわえて無線なので、建物が頑丈(鉄筋!)だと電波が届きにくい・・・

実は、ひかりパンダの友人でアパート大家さんがいるのですが、現在NTTと交渉して導入を検討しています。(※情報提供をしてくれた方です)

また、住人は格安で住みますが、大家さんが機器の導入費用やランニングコストの一部を負担するため、よほど理解の早くないとなかなか導入は難しいといえるでしょう。

わかり次第、また詳細記事をアップしますね♪

関連記事

まとめる人

光配線・VDSL・LANのメリットとデメリットを徹底解説!

光配線・VDSL・LANのメリットデメリット 前回、同じじゃないの? 3つの回線方式の

記事を読む

インターネット回線を調べる人

【必見!】あなたにぴったり!インターネット回線をご紹介!

光パンダ厳選!ぴったりのインターネット回線をご紹介 NURO光 【おすす

記事を読む

3つの配線方式

同じじゃないの? 3つの回線方式の違いとは?!

3つの回線方式の違いについて 「え? 回線方式が3つあるって、全部”光”じゃなかったの

記事を読む

PAGE TOP ↑