光配線・VDSL・LANのメリットとデメリットを徹底解説!

*

公開日: : 最終更新日:2015/03/01 回線方式

光配線・VDSL・LANのメリットデメリット

案内する女性

前回、同じじゃないの? 3つの回線方式の違いとは?!で3つの方式を紹介しましたが、今回は3つの方式のメリット・デメリットをより深く掘り下げて紹介していきます。

この記事を読めば、友人にアドバイスできるくらいのレベルになるかも?

3方式のメリット・デメリット

※光配線,VDSL,LANの順番でご紹介します。

 

≪光配線≫

光配線

2008年以降に導入された集合住宅はすべて光配線方式に切り替わりました。(※Bフレッツ→フレッツネクストへの移行

 

<メリット>

  • 下り200M/上り100Mまたは1Gと最速!
  • フレッツテレビの視聴が可能
  • 速度が最も安定している(周辺電波により影響・距離による信号レベルの減衰(低下)が少ない)

 

100%純粋な光ファイバー回線のため、まわりの影響を受けくく接続がもっとも安定しています。

そのおかげで、超高速でインターネットを楽しめるのが最大の強みでしょう。

また、アンテナがなくても、「地上波・BSデジタル・CSデジタル」を視聴できるフレッツテレビが利用できます。

電波障害があり、ケーブルテレビを導入できない世帯にとってはまさに救世主といえる存在です。

 

<デメリット>

  • 申込みから開通までの期間がもっとも長い
  • 配管不良(※配管が切れている)で工事不可のケースがある
  • アパートの場合、外回しでの配線になる場合がある

戸建ての場合、目の前の電柱まで「光回線」が来ていないと、遠くから引っ張ってこなければならないため、工事作業時間が長くなりるケースがあります。

また、電話配管に光ファイバーを通しますが、途中で配管が切れている場合は工事が不可能なケースがあります。
(※その場合、エアコンのダクトを通す・壁に穴をあけるのどちらかになります)

集合住宅はMDF室(※電話回線の心臓部分)や外壁にタバコくらいの手のひらサイズの「光スプリッター」を設置。

電柱など外部から光ファイバーケーブルをつなげて分岐し、そのケーブルを各部屋のモジュラージャック(以下:MJ)へ光ファイバーを敷設。

というのが光回線方式の一般的な方法です。

ですが、MJへの電話配管に光ファイバー回線が通らないケースがあります。

そういった場合は、アパートなどの外壁などをつたって、ベランダに置いてあるエアコンダクトから通線します。(※室外から線を室内へ入れる)

私の祖父は未開の地でアパート(※4世帯のミニ)を経営していますが、配管がなく、この方法で導入したためルックスがイマイチです。

 

≪VDSL≫

VDSLモデム

VDSLは既存の電話配管を利用するため、あたらしく何かを付け加えることがありません。

※2004年~2008年頃まで集合住宅での主流でした。

<メリット>

  • そこそこ高速(下り100M/上り100M)
  • 電話回線を利用するため、100%工事が可能
  • 作業時間が短い(30分~40分程度)
  • 無派遣工事(※宅内で工事しない)のケースが多い

 

VDSLの最大のメリットはやはり「開通工事100%成功」でしょう。

物理的になにかの引き込み工事をするわけでなく、既設の電話線を利用して部屋まできちんとインターネットの信号が届いているか確認するだけの作業です。

そのため作業時間が短いのが特徴です。

※光パンダのマンションはこの方法です。
 

<デメリット>

  • 速度が遅くなる(電子レンジなどの周辺電波により影響・距離による信号レベルの減衰のため)
  • VDSLラックの電源確保の問題で維持コストが高い(NTT側のデメリット)

 
NTT側の都合(※マンションの管理組合側も)ですが、最大のデメリットは電力料金がかかることです。

VDSLラックは電気が必要で「ウイーン」と音がします↓↓↓

VDSLラック

写真はひかりパンダの自宅マンションの駐輪場にあるVDSLラックです(汗)

でかいうえに、電気代金がかかる・・・まさに金食い虫?

NTTはこの方式を廃止したがっているらしいですが、私も同感です。

ちなみに、この方式は日本だけ? のようですね。

 

LAN配線方式

メリット

  • そこそこ高速(下り100M/上り100M)
  • 設定が簡単。壁とパソコンをつなげるだけ
  • 月額利用料金がもっとも安い!

 

デメリット

  • 導入済み物件が少ない

「カチッ!」とLANケーブルをつなげればOK・・・
ただそれだけです(汗)

やはり月額利用料金が3つの方式の中で最安なのが最大の強み。
ですが、ごく一部のマンションにしか導入されていません。

たとえば高級賃貸物件(若い女の子が住むような1Rマンション)
や、大型の高級マンションなどで多く利用されているようです。

 

配線方式のまとめ

  • 速度(下り/上り):光配線 > LAN・VDSL
  • 月額利用料金の高さ: 光配線・VDSL > LAN
  • 導入物件の多さ : 光配線 > VDSL > LAN
  • 工事の容易さ: LAN > VDSL > 光配線方式

 

光インターネット回線への加入に興味がある方は・・・

■フレッツ光

>>フレッツ光のオプション不要の申し込み先は?

■auひかり

・マンションタイプキャッシュバック45000円
・auスマートフォンとあわせると月額最大2000円割引のスマートバリューあり

>>プロバイダキャンペーン比較~auひかり

関連記事

ワイヤレス方式を楽しむ人

ワイヤレス方式のフレッツ光WiFiアクセスとは?!

ワイヤレス方式の誕生 「光回線には光配線方式・VDSL方式・LAN配線方式の3種類

記事を読む

3つの配線方式

同じじゃないの? 3つの回線方式の違いとは?!

3つの回線方式の違いについて 「え? 回線方式が3つあるって、全部”光”じゃなかったの

記事を読む

インターネット回線を調べる人

【必見!】あなたにぴったり!インターネット回線をご紹介!

光パンダ厳選!ぴったりのインターネット回線をご紹介 NURO光 【おすす

記事を読む

PAGE TOP ↑