フレッツ光の工事は戸建と集合住宅どちらが早いのか?

*

公開日: : 最終更新日:2015/11/01 光回線工事

光回線工事は戸建と集合住宅ではどちらが速い?

スピード

「戸建と集合住宅で工事の時間に違いはでるのか?」

といった質問があります。

答えを先に言うと違いは確実にあります。

戸建 VS 集合

ひかり電話やPCの設定時間を抜かした場合、

戸建て・・・約1.5時間
集合・・・約1時間

(※光配線方式同士の場合)

というのがフレッツ光やauひかりなどの一般的な工事時間の案内でしょう。

ですが、私の従兄弟(戸建)の実家でフレッツ光の回線を引き込むために3.5時間以上かかったケースもあります。
※工事時間:午後2時~午後5時半まで
※自宅~25m離れた場所から引き込んだため

集合住宅のほうが早い理由は単純で、MDF内にとりつけてあるスプリッター(光の心臓部)まですでに光回線が来ているため
あとは宅内まで引き込むだけです。

しかし、戸建住宅の場合は、従兄弟の自宅のように家のすぐ目の前の電柱まで光が来ているとは限らないからです。

集合対決「VDSL方式 VS 光配線方式」

VDSL方式・・・約30分
光配線方式・・・約1時間

集合住宅同士で、光配線方式とVDSL方式の対決です。
結論はVDSL方式のほうが圧倒的に早く、ラクチンです。

VDSLラック
(※VDSLラック)

VDLS方式はマンションのMDFから電話線を利用して信号を流す仕組みのため、成功率100%に近い工事方式だからです。

一方、光ファイバー回線は室内のモジュラージャックまで通線する必要があるため、最低1時間はかかります。

また、工事不可の場合はもあるため、その場合は他社(CATVやauひかり)を利用しかありません。

申し込み~工事までの期間の違いは?

戸建て・・・申し込み~工事まで約3週間~1ヶ月

<集合住宅>
・光回線方式・・・申し込み~工事まで約3週間~1ヶ月
・VDSL方式・・・申し込み~工事まで約7-10日
・LAN方式・・・申し込み~工事まで約10日
・無派遣工事・・・申し込み~5営業日ほど

 

ちなみにひかりパンダのマンションはVDSLタイプで、申し込みから約1週間で開通しました^^;

理由は単純で、手間がかかる光回線方式は1日にできる工事数が少ないからです。

ケーキ屋さんに例えると・・・

「作るのは簡単だが、経費ばかりかかるケーキ(VDSL)を1日7個作るのか?」

「作るのが少し難しく、手間がかかるケーキ(光回線)を1日4個作るのか」

ということでしょうか。

どうしてVDSL方式がダメなのか?

NTTのフレッツ光を例に説明すると、VDSL方式が主流(2003年~2008年)のBフレッツ時代でしたら、スムーズに工事が進んだはずです。

>>同じじゃないの? 3つの回線方式の違いとは?!

しかし、フレッツ光ネクスト(光配線方式)が2009年にスタートすると、集合住宅はVDSL→光配線方式へどんどん移行しました。
(※フレッツ光ネクストは、インターネット以外にも、テレビや電話サービスを利用できる便利なサービス)

VDSLの機器は無駄な電気代がかかり、光配線とくらべて維持コストが高いため、NTTは廃止にしたがっています。

まとめ

工事時間や、申し込み~工事日までの速さをまとめると・・

集合(VDSL方式) > 集合(光配線方式) > 戸建(光配線方式)

となります。

これから春にかけて、引越しが増え、申し込みが殺到します。

そのため、早め(2月くらい)の手続きをオススメします。

フレッツ光を利用してみたい! と思う方は・・
フレッツ光のオプション不要の申し込み先は?を参照してください。

関連記事

春のサクラ

多忙な春と土日の光回線工事の現状

多忙な春と土日の光回線工事の現状 光ファイバーインターネットを申し込み、工事予約をして

記事を読む

工事トラブル体験談

実際にあった光回線工事トラブル体験談!

実際にあった光回線工事トラブル体験談! 光回線を利用したインターネットは必ず工事ができるとは限

記事を読む

インターネット工事まで

インターネット回線の契約~工事日までの日数は?

光回線の契約から工事日に日数について <本日のお悩み:Yさん(男性)>

記事を読む

PAGE TOP ↑